ホンダから発売されていたゼストを乗っています。

グレードは、Gスポーツ ターボです。

燃料はレギュラーガソリンで大丈夫です。

ゼスト

 

 

 

 

ホンダゼストの中古車検索 ⇒ あなたの愛車候補がいっぱい

なんでこのグレードにしたかと言うと、確かここからフォグランプと

リアのスポイラーが標準でついていたからです。

それまでは、軽自動車にターボはいらないでしょ!って思っていましたから。

ゼストにはインパネ内に燃費表示計が付いています。

毎回0に直してるからおおよその燃費はわかっています。

平均して、16.5km/L程度です。

冬場にスタッドレスタイヤに帰ると、2km/L程燃費が落ちます。

燃費の優越もちょっとした小さな方法でも変わってきます。

例えば、高速を走るのと一般道を走る方法では、高速の方が燃費が良くなってきます。

毎日約30キロの通勤で使っていますが、平均して16.5km/Lでした。

7年載っていますが、何回もやって毎回この程度の数字だったので、間違いありません。

 

ターボとノンターボの差が一番でるのは、上りの一時停止後の発進時で実感しています。

ノンターボの場合は、上りの一旦停止後の発進はベタ踏み状態でなかなかスピートにのりませんが

ターボがついていればスムーズに発進してくれます。

 

普段は、ターボに入らないような運転を心がけています。

何も気にせず、ガンガンターボを使いまくっていたら、燃費はもちろん落ちます。

実際に走っていると、1回の給油で450キロ程度走りますが、

1ℓ辺り2キロ程度変わってきます。

 

100メートル先の信号が赤なのに直前の白線までアクセルを踏み続ける人っていると思います。

どうせ止まるのだから、アクセルから足を離して運転をすれば燃費も少し良くなるのに!

そういう普段の小さなことで燃費を上昇させることもできます。

 

愛車の査定したことありますか?≪個人情報不要!≫オファー型車査定の【オファーズ】
個人情報不要しかも、営業電話が一切こない。

 

最後までありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村