日産から発売しているリーフ。

日本語にすると葉っぱ。

環境にやさしい電気自動車です。

日産リーフ

 

 

 

 

まだまだ通常のエンジン車に比べると、難点がいくつか出てきています。

価格は2,738,800円~とそんなに高く感じない気が・・・。

エアバック等を抜くともう少し安くなりますが・・・・。

リーフの場合、国から最大で27万円の補助が受けられます。

27万ですよ。

 

中古でリーフを探すならここ ⇒ 中古車無料お探しサービス【ズバット車販売】

 

 

日産リーフの場合、他の車と違うところと言えば、燃料が電気ってことです。

1回のフル充電で200km程度走るようですが、ガソリンと違って充電がなくなったらどうするの?って

思いますよね。

充電出来るスポットが結構沢山あるんです。

 

まずは日産のディーラー高速のSA・PAコンビニなど

 

月額3,000円で上記の箇所での充電が無料になります。

月額3,000円で利用出来る急速充電スポットは4,200基。

この他に、1,429円/月のプランでは、日産の販売店のみで受けられるプランもあります。

このプランの場合は、1,600基と大幅に充電エリアが減ってしまいますが、

乗り方と環境で選ぶことができます。

 

自宅で充電する場合は、充電設備を新たに設置しなければなりません。

これは10万円程度で設置できるようですが、ガソリン車には無い設備投資になります。

日産では、200Vを推奨していて、満タン充電に掛かる時間は8時間。

家庭用電源でも充電出来るようですが、ブレーカーが落ちたり、負荷がかかりすぎて火災の原因になるため

専用設備を推奨しています。

100Vでは満タン充電までに16時間かかるようです。(毎日乗れませんね)

1回が300円で200km走れるってことになります。

正確には、JC08モードで言うと228km/1回の満タン充電になります。

 

電気自動車で一番気になるのは、外出先での燃料切れです。

上記で充電スポットが全国的にも増えてきているのはわかりますが、

「必要なときに必要な場所で充電スポットがあるか」が問題です。

例えあったとしても充電スポットでは、急速充電が30分程度かかります。

しかも80%までしか貯まらないようです。

それを計算して次の目的地を決めながら走らないと途中で充電切れになってしまいます。

そこが一番のネックですね。

なんだか不安な点ばかり浮かんでしまいますが、

それらを解消できないとランニングコストが安くても使い物になりません。

 

全国のガソリンスタンドと同等程度に充電スポットが増えたら、電気自動車は普及すると思うんですが!!

 

愛車の価格知ってますか?

意外と安い?それとも高い? ⇒ クルマを高く売る方法

 

最後までありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村