日産リーフ EV車とガソリン車を比べるとお得なのはどっち

日産リーフは電気で走る電気自動車ですが、

ガソリン車と比べるとどのくらいお得なのか。

日産リーフ

 

 

 

1回のフル充電で228km走るとうたっています。

 

リーフの中古車を探す ⇒ 【ズバット車販売】希望の車をプロが無料で探します!

 

日産のホームページに充電の計算式があります。それを元に計算してみました。

<条件>

・1ヶ月の走行距離 1,000km

・ガソリン代 1ℓ=140円

・電気代 12.16円/kwh(夜間充電の場合)

・ガソリン車の燃費 15km/ℓ

・EV車の燃費 6km/kwh

 

ガソリン車の場合

1000km ÷ 15km/ℓ ×140円/ℓ = 9,333円/月

 

EV車の場合

1000km ÷ 6km/kwh × 12.16円/kwh = 2,027円/月

 

年間のランニングコストの差 87,680円

月々のランニングコストの差 7,307円

 

この数字を見ると10年で87万の差が出てきます。

しかし、EV車には外出先で充電するためのプランが用意されています。

全国の4200基で充電可能なプランが3000円/月

全国の日産販売店のみで充電可能なプランが1429円/月

 

これはEV車の使用方法によって選べるプランですが、

今回は月3000円のプランに加入したと考えて計算します。

 

充電プラン追加の計算

年間のランニングコストの差 51,684円

月々のランニングコストの差 4,307円

毎日自宅で充電し、週末遠出するために3000円のプランに加入する場合は上の状態にんります。

 

それでは、ガソリン車がEV車と同等になる為には、リッター何キロ走ればいいのか計算してみました。

 

1000km ÷ 28km/ℓ ×140円/ℓ = 5,000円/月

 

結果 28km/ℓの燃費でEV車と同じランニングコストになります。

 

自宅で充電するためには、充電設備を設置しなければいけません。

一般の電源からの充電もできるようですが、満タン充電まで倍の16時間かかるようです。

そして、ブレーカーが落ちたり、最悪の場合は、火災など(配線などの劣化が原因でショートしての火災)をひこ起こす可能性がある為、

専用設備を推奨しています。

この設備に約10万円程度掛かるようです。

 

充電の部分がクリアできれば、あとは燃費の問題ですね。

28km以下の燃費ならば、単純計算では、損をすることになります。

どちらにしても高い買い物ですのでよく考えてみましょう。

(車を買うときって迷っている時間も楽しいんですよねヽ(`Д´)ノ)

 

 

EV車も通勤のみ使用だったり、週末のみ使用と言う条件が変わってくるとまた違う結果になりますが、

まだまだ充電スポットがガソリンスタンドと比べると少ないのが欠点になりそうです。

 

それでも、ボチボチ充電スポットを見かけるようにはなりましたから、これからどんどん増えていきそうな予感。

あとはもう少しカッコいいスタイルにしてもらえれば・・・・・。

 

中古車査定

 

最後までありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

   個人情報が流れない

中古車一括査定 最大8社

中古車査定なら

大手査定会社複数社に無料で一括査定が受けられます。最大8社から一番高い金額提示を選べる
車だけでなくブルドーザーやクレーン車も可能

プロが車を探します

ズバット車販売

希望の車をプロが無料で探します。程度の良い車が思ったよりも安く買えることも!!中古車でも結構いい物ありますよ。

買取実績No1


買取実績ならやっぱりここです。買うのも売るのも独自のルートでスムーズに対応してくれます

最大9社の無料比較


無料査定が一括で受けれます。今なら査定申込で楽天ポイントプレゼント

車を探すなら


中古車を探すなら、販売実績No1のガリバー
毎日約400台も入荷している?
好みに合った車がすぐに見つかるかも。

外車はここで


専門知識のあるところだから安心 メールフォームから簡単操作で無料査定ができます。

中古車、車検、廃車、愛車買取


中古車探し・車検予約・無料査定なんでもあります。
一括で簡単に済ませてしまいたいならここ お近くで受けられる車検店舗も検索出来ちゃいます。

このページの先頭へ