車を買うときに必ず気にすることの一つに燃費があります。

少しでも燃費良く走ってくれると経済的にも助かりますよね。

車の持つ性能以外に燃費に関係する運転方法をちょっと紹介してみます。

最近は燃費の良い車種が多く出てきています。

ちょっと前ならば燃費が良い車は軽自動車と言うイメージが強くありましたが、

今では普通自動車でも軽に負けない燃費を出しています。

基本的にはエンジン車ではハイブリッド車には勝てません。

がエンジン車でも燃費を伸ばす方法はあります。

ちょっとした気の使い方で燃費をアップさせましょう。

燃費の良い車を探す ⇒ 中古車無料お探しサービス【ズバット車販売】

 

アクセルワークを改善

自分のアクセルとブレーキの踏み方を把握している方って少ないと思います。

意外と変な癖がついている場合がありますよ。

 

私の友人でチョン・チョン・チョンとアクセルを踏む運転をする人がいました。

少し踏んでは離し、踏んでは離すと言う動作をずっとしていいるのです。

これは、当然燃費も悪くなるし、横に乗っていて気持ちが悪くなります。

特に私は乗り物酔しやすいので(+o+)

この友人は基本的に車の運転が下手でした。

運転の癖なのかもしれませんが、これは運転方法としてもアクセルワークとしてもNGです。

きっと友人も気づいていないでやっているのだと思います。

 

まずは変な癖を直すと簡単に燃費が伸びたりするかもしれません。

 

ブレーキング

私もよくやってしまうのですが、

ちょこちょこブレーキを踏む癖です。

これは車間距離を十分に取っていれば、踏む動作がいらなくなります。

 

十分に車間距離を取ることによって他の車が車線変更して入ってくることがあります。

これを嫌がって車間距離を詰めると、危険も増すしいらないブレーキも増えます。

車間距離と気持ちに余裕を持って走りましょう。

このブレーキが無くなるといらないアクセルも無くなります。

ちょこちょこブレーキをする度に速度が若干落ちます。

結果、またアクセルを踏み加速する。

アクセルが増えれば、ガソリンを使い燃費が落ちます。

なるべく一定の速度を守った運転を心がけましょう。

 

最後に、「100m先の信号が赤

運転していて100m先の信号が赤、この時にアクセル踏んでませんか?

どうせ止まることになるのに!!

ついついギリギリまでアクセル踏んでスピード出して行きがちですが、

どうせ止まるのならば、アクセルを離して惰性で信号まで十分にたどり着けます。

加速していっても精々1秒か2秒しか変わりません。

止まった途端に青になるかもしれないし、無駄な燃料消費を抑えましょう。

 

普段何気ない事を気にしながら運転することで燃費が少しでも伸びる可能性があります。

燃費計が付いている車であれば、1Lあたりの最長記録を伸ばしてみましょう。

気にしながら運転すると通い慣れた通勤路も違った雰囲気で運転できますよ。

 

【あなたの愛車は今いくら?】車検vs乗換え、修理vs乗換え、迷ったときは、愛車の現在価値をチェック!費用を比較してお得なカーライフ。
最後までありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

応援クリックお願いしますヽ(・∀・)ノ

人気ブログランキングへ

にほんブログ村