車を購入する時に頭金をいくら用意すればいいと思いますか?

返済はなるべく早く終わらせたいと思うのが普通ですよね。

そうなると一番いいのが一括で払うことなんですが、大抵の方はこれは不可能なのではないでしょうか。

不可能というよりもお金を貯めるのに時間がかかります。

ではいくら用意すればいいのかって話なんですが。

頭金がなければ車は買えないのか?って。

 

欲しい車を中古車で探す ⇒ 中古車無料お探しサービス【ズバット車販売】

 

そんなことはないです。

 

それでは頭金って必要なの?って疑問が・・・・。

私の場合は、頭金を用意して購入した経験と

頭金を用意せずに全てローンを組んで購入した経験があります。

一度目は中古車を買うとき、2回目は新車を購入するときでした。

 

どちがいいのかってことなんですが。

早く車が手に入るのは、全てローンを組む購入方法です。

返済額が少なく済むのが頭金を入れる方法です。

ちょっと計算してみました。

条件としは、「頭金なし」で購入するパターンと「3万円を3年間貯金し頭金を用意」した場合です。

上記条件を8年間で考えて計算

 

計算条件

購入額 300万円

ローン利子 4.0%

 

頭金なしの場合(パターンA)

ローン額 300万

35,189円/月 × 96ヶ月 = 337万8,144円

総支払額 3,510,528円

337万8,144円 - 300万 = 51万528円

金利分の金額 51万528円

 

3万円を3年間貯めて頭金108万円を用意した場合(パターンB)

300万 - 108万 = 192万

ローン額 192万

35,360円/月 × 60ヶ月 = 2,121,600円

2,121,600円 + 108万円 = 3,201,600円

総支払額 3,201,600円

3,201,600円 - 300万円 = 201,600円

金利分の金額 201,600円

 

と言う結果になりました。

パターンAの方は、メリットとして車がすぐに手に入る所、デメリットとして金利分の出費が大きくなるところです。

パターンBの方は、逆に出費が抑えられるところがメリットになり、デメリットとしては欲しい時にすぐに車が買えないことです。

 

私が中古車を購入したときは、パターンBを実践しました。

まだ若かったのですぐに欲しい車が乗れないのが嫌でしたが、ローンを長く組みたくない気持ちが強かったので頭金を用意することにしました。

今回の計算では、パターンAとパターンBでは308,928円の金利差がでました。

ローン終了までの8年間車を所有しながらの返済では、余分に約30万円の支払いが必要になります。

頭金を用意する場合は、8年間中5年間の所有になりまが、金利で支払う額は減ります。

 

あなたならどっちを選びますか?

すぐに車をゲット or お金を貯めてからゲット。

上記例から言うと、「30万の金利差をどうとるのか」ですね。

 
愛車を手放すなら1社の査定で決めないで!! ⇒ carview中古車買取